2012/06/27

Every weekend Kyu-shu!( ̄ー ̄)v

東京に戻って、例のごとく曲を作ってます。

今回の曲は、久々ちょっと都会的な世界観の曲作りなので、新鮮で楽しいです。

しかし、週末の宮崎、ほんと、よく降ったね~€懊€怐B┐(´-`)┌

日曜日なんか、一日中豪雨だったから。

ホテルから見える川も、土手の階段が水没してたから…

本当にすごい雨だったんだなぁ…と。

でも、そんな中でも、ヒムカイザーのショー。

きっちり予定通り2回ともできて良かったよ。( ̄ー ̄)v

img_0891.JPG
俺はスペシャルゲストってことで、「ジュエル満開フラゲッチュ」を歌った意外は、

いつもどおりドラゴンボール中心の王道パターンでワンステージ40分×2歌いました。

アコギの翌日、ステージを走り回って歌うのは、すごく気持ちがいい。

そして、自分達の手作りのヒーロー「ヒムカイザー」の

これまた手作りのショーを 懸命にやる地元の若者達も実に清々しく思えました。

img_0896.JPG
ミーヤの時からだと、知り合ってから10年近くたつメンバーも居て

彼らに再会できたのもとても嬉しかった。

そして、プロデューサーの野口さんの「目標は、ヒムカイザーをもっともっと有名にして

いつの日か、JAMProjectに音楽を依頼できるようになりたい。」と言う言葉に感動しました。

遠く離れた街で、旧知の仲間に会い、ともに汗を流し感動を分かち合う。

これはまさに人生そのものだ。

やっぱ、俺は旅が大好きだ。

今週末、今度はお隣、大分県でアコギ&BIG3。

また、雨だったら笑っちゃう。(笑)

でも、大分でのアコギなんて、遠藤と二人旅の頃に行ったっきりだから。

ほんと楽しみです。

がんばります。

最後に、やっぱ、本場のチキン南蛮は美味しかったです。( ̄ー ̄)v

img_0888.jpg


2012/06/24

Miyazaki!

三年ぶりの宮崎は大雨 ┐(´-`)┌

俺のせーじゃねーよ。

だって、この雨は当初台風だったわけだし梅雨だし。

俺のせーじゃねーよ。(笑)

そんな雨の中、まずは昼食。

チキン南蛮かと思いきや、地元スタッフ栗林君の推薦でラーメンに決定。

img_0866.jpg
雨なのにすごい行列ができてたよ。

なんかね~€懊€怎堰[メンもいいんだけど、それ以外も味わいがあるんだよなぁ

img_0868.jpg
まず出て来る黄色いたくあん。

激ウマだった。

で、メニューも面白い。

img_0869.jpg
肉デラってのがチャーシューメンだと思う。( ̄ー ̄)v

で、珍しい機械を発見。

つまようじの自動取り出し機。

img_0872.jpg
レアでしょ???(笑)

で、肝心のラーメン。

当然、美味い。( ̄ー ̄)v

この豚骨なら遠藤でも食べられる。

超おすすめです。

img_0870.jpg
昨日は、ラジオ2本とアコギライブ。

あと、アニメイトさんにあいさつに行った。

ほんと、どこの見せに行っても感じがいい。

ライブは、「ぱーく」さんにお世話になりました。

良いライブだったと思うよ。

お客さんも色んなところからたくさん来てくれて ソールドアウトだし、

楽しかったよ。

雨なのにありがたいね。

img_0882.jpg
さて、今日は清武と言うところで

地元のヒーロー、ヒムカイザーのショーのゲストで歌います。

いつもお世話になってる地元の野口さんの思いがいっぱい詰まった企画です。

がんばります。

雨だけど…… (^^ゞ


2012/06/23

Mr.リアル(笑)

英語の曲を2曲、いつものようにBARAKI先生の発音指導のもとレコーディングしました。

福ちゃんはまだ療養中なので4人でもちまわり。(^▽^)V

BARAKI先生も、NoBorderの頃から比べるとみんな進歩したな~€懊€怩チて。(^▽^)V

そして、なぜか異様に張り切って今回の英語の歌の録音に臨んだ「リアルきただに」。(最新ニックネーム)

worrisome uncertainty を オラのサータアンダギー。

spent in tears を  スカンピンティー。

以上リアルによる空耳作品集でした。( ̄ー ̄)v

で、終了後。 BARAKI先生がマジスパ食べてみたいって言うのでみんなで下北へGO!!

俺は当然 虚空200。

120622_212001.jpg
そして、リアルは、なぜかニルバーナ。

普通の人と反対に、最強の「アクエリアス」からスタートして

来るたびに下がって行くと言う逆行ぶり。(笑)

これもまたひとつのリアル。( ̄ー ̄)v

さて、俺はこれから宮崎へ向かいます。

今夜アコギ。  明日、イベントです。(^▽^)V

で、