2013/03/31

BIG3 in 松前!

これで マサキと読みます。

松山から車で30分もかからないのどかな街でした。

今回、ソールドアウトって聞いていたので、俺達も始まる前から楽しみにしていました。

masaki.JPG 実際、お客さん、みんなすっごい乗りの良さで。

JAMProjectのコンサートみたいだった。(笑)

ミッチーねーさんのお誕生日セレモニーもやったし

しあわせならマジンガーコーナーも腹がよじれるくらい笑ったし

言うこと茄子です。( ̄ー ̄)v

dsc00074.JPG でもって、BIG3初の四国だったんです。

もっともっとBIG3とともに、行ったことない日本に行きたいです。

沖縄にも行きたい。

東北にも行きたい。

すべての街で歌いた~€懊€懊€懊€怩「!!(笑) ( ̄ー ̄)v

そして今日、僕は一人で松山に残り

三番町の「Monk」でアコギです。

旅は最高っす。( ̄ー ̄)v

dsc00253.JPG


2013/03/31

一年に一度は....

行きたいと思ってる場所があって

尾道と松山もそう。( ̄ー ̄)v

で、運良く、愛媛県の松前でBIG3が入ったので

それを利用して前後にアコギをブッキングしました。

で、一昨日、まず徹夜明けのまんま新幹線に乗り込み、尾道へ行きました。

いつもは新幹線で新尾道まで行くんだけど、

今回は地元のスタッフの「在来線のほうが景色がいいよ。」の声に急遽予定を変更し

福山で在来線に乗り換えて尾道に入りました。

うん。 納得のシーナリー。

こっちで良かった。( ̄ー ̄)v

なんかね。 日本の風景がね。

昭和生まれの心をくすぐったよ。

俺はもう便利さよりも、心の豊かさを追求する世代に入ってます。

で、ライブハウスは当然、「オイコモバ」 OYE COMO VAです。

マスターがため歳だしね。

俺は尾道のみんなが大好きだから。

田舎の親戚の家に来たみたいな。

そんな感じ。( ̄ー ̄)v

dsc00047.JPG
ライブもね。

花粉に苦しみつつも楽しかった。

涙と鼻水が….

でそうで…. (笑)

あと一ヶ月の辛抱。( ̄ー ̄)v

dsc00041.JPG
香港から来てくれた男性も居てびっくりした。

だって、東京や大阪じゃなく尾道だよ。

ぜひ、彼には尾道を好きになって帰ってもらいたいと思った。

100人も入れないライブハウスだけど、

今のアコギライブの俺は、まぎれもない等身大の俺です。

真の姿です。(笑)

また来るよ尾道。

ライブでも言ったけど、いつかしまなみ海道を自転車で渡りたい。( ̄ー ̄)v


2013/03/24

暗黒の宴。(笑)

そんなタイトルじゃねーよなー。(笑)

ってなわけで、JAMProjectとしては初めて牙狼のイベントに参加してきました。

掟破りの朝8時入り。

曲作りで夜なべしてる身にはつらいわー!!

なんつって、いつも6時には起きてる長老っす~€懊€懊€懊€怐@ガハハ (* ̄▽ ̄*)ノ”

でもって、イベント。

俺達の出番はライブだけでした。

でも、カラオケじゃなくって JAMBand フルラインナップだったので

気持ちよかったな~€懊€鰀( ̄ー ̄)v

dsc_5722_r.JPG
光の宴、闇の宴の一日二回公演でした。

曲は

我が名は牙狼

Fencer of gold.

mc

奥井ちゃんのエンディング曲。 昼と夜と別々に二曲。

で、俺は昼「呀」、夜「Warriors」

mc



牙狼 Savior in the dark

Warriors は、初めて歌いました。

みんな音楽も、牙狼同様、愛してくれてる感じで

反応、超良かったです。

やっぱ、喜んでもらえるとステージの上もハイテンションになります。

dsc_6413_r.JPG
しかし、キャストやスタッフのみなさんは

今回のイベント、本当に感無量だったと思います。

牙狼は幸せなダークヒーローですよね。

こんなにたくさんの人達に愛されて….

dsc_6393_r.JPG
新シリーズもがんばります。

俺達も、思い入れ、たくさんありますから。

スパロボと同じで、牙狼の主題歌を作るたびに成長してきましたから。

dsc_6641_r.JPG
最後に、旧魔界語で、「ザルバ」は友達と言う意味なんです。

JAMProjectも、いつまでも牙狼とそしてそれを取り巻く人達の

素晴らしいファン達の「音楽のザルバ」で居たいです。( ̄ー ̄)v