2013/10/17

仙台で目覚め、郡山へ〜 でもって最後はホテル

アコギがあったんで俺だけ仙台に残りました ( ̄ー ̄)v

宿は、なななな なんとサンプラザでした。(みちのくフェスの会場)(笑)

img_0351.jpg
仙台駅まで徒歩10分ってところかな。

リモア引っ張ってガラガラ新幹線乗って、そのまま郡山へ。

ここんところ、「風とロック」のゲスト。

あと、「復興支援元気プロジェクト」の目録届けに富田西小学校へ来たりで

続けて3回目の郡山。

やっとちゃんと歌えるって感じ。( ̄ー ̄)v

早く着いたので、街を散策。

そしたら、偶然、デジャブのように見覚えのある景色に遭遇。

桑ブーと、「おい。この道、見覚えねーか!!」「あるある。」的な話になって

記憶を辿って歩いて行ったら、それこそ10数年前に遠ちゃんと「アコギな二人旅だぜ!」で全国を廻ってる頃に

この郡山にやって来て、楽器車を横付けして食べて感動した、懐かしのラーメン屋さんを発見。

これだ〜〜〜〜〜〜( ̄ー ̄)v

img_2547.JPG
二人で超感激して、糖質制限中なのに食べました。(笑)

img_0355.jpg
懐かしい味だった。

感動した。

遠ちゃんに写メした。

食べたいって言ってた。(笑)

うろついてみるもんだ。( ̄ー ̄)v

で、この日お世話になったのは、フォーク酒場 6575と言うお店。

マスターが超良い人で、特にトイレの前に貼ってあったアグネスラムのポスターが、僕は世代で。 良い。(笑)

俺の知り合いだと、リッキーさんとかムーニーとかもライブで来てるようで、

良いお店を見つけました。

img_2557.JPG
で、俺のプチみちのくシリーズ終了なんだけど。(笑)

東京に戻ったけど、家に帰らず、そのままホテルニューオータニへ

実は、俺の若い頃のバイト先の会社(笑) の50周年記念パーティーで歌ってきました。

20131015kagesan-2.jpg
俺は、音楽だけで食べれない頃、このヘーベルハウスで有名な旭化成建材の代理店のALC工事㈱のそのまた下で。

ハマテックという会社を作って、宏幸とかっちゃんと3人でビルの外壁を貼ってました。

バイトじゃねーなー。(笑)

ぶっちゃけ、自分達の夢を追い続けるために、二足の草鞋を履いていたわけです。

20131015kagesan-4.jpg
アコギとトークを交えて30分。

最後にチャラヘッチャラを歌って盛り上げ役 無事終了。( ̄ー ̄)v

「また、いつでも職人の世界に帰って来いよ〜〜!!」なんて声も飛び交い。(笑)

外は、台風が来て大騒ぎになりつつある夜に、

俺は無我夢中で駆け抜けた若き日々に思いを寄せる事ができました。( ̄ー ̄)v  

正直、俺って変だと思う。

建築現場で叩き込まれた精神論のまんま「アニソン界」で生きてます。

ある意味「鋼」でしょ?(笑)

でも、それでいいんだよ。

俺、レイジー解散した頃、ほんとに心が弱いっていうか「もろい」奴だったから。

神様は、「こいつのハンパな根性を叩き直してやる。」と思って

ガテンの世界に修行に送り込んでくれたんだよ。

今、JAMProjectは若い男子のファンが多いし、

俺達はそんな未来ある若者達に、困ったときはハッパかけて励ましてやりたいもん。

そんな時の経験談に嘘があっちゃダメでしょ?

「音楽を続けるために10年以上(15年くらい)建築現場で汗と埃にまみれてた人」がJAMProjectのリーダーってことで

なんの問題もない。(笑)

あと、その頃に助けてくれた人達は一生の恩人です。

今も、一緒にパプアニューギニアに行ったり、飲みに行ったり。

20131015kagesan-1.jpg
写真は、ALC工事㈱田中常務、そして旭化成建材の海外事業部 川口さんです。

あと、この写真を撮ってくれた坂本さんもそうですが、

ほんとうに気兼ねなくつき合える最高の友人達です。

人生の中で、そういう仲間がいることも僕の強みです。

職種は違えど、いつもみんなと一緒に頑張ってます。