2015/08/22

長老は1日に二度くたばる。 ┓( ̄∇ ̄;)┏

まずは、ワンパンマンやSTRONG BOX/STRONG BEST、はたまたフリーライブ「STRONGER’S PARK」等

いろいろなニュースがどんどん発表されたJAMProject、ぜひサイトでチェックしてください!!( ̄ー ̄)v

さてさて、8月も終盤に入って、俺はここんとこ暇な時間は、ほぼほぼサイクリングのトレーニングに あてています。

もうGSRcupもツールド日光もすぐっすよー ┓( ̄∇ ̄;)┏

もっぱら峠です。

むかし、4輪や2輪のモータースポーツの峠族なんてブームがありましたが(頭文字Dとか)、

現在の峠の主役は、自転車っしょ!! ヒルクライマーっしょ!!( ̄ー ̄)v

最新号のBicycle Clubも峠特集ですから。

img_5333.jpg ここ一週間の間に、この本に出ている3っつの峠に挑戦しました。

一つは、以前、りんりんロードから悪魔に誘われるように入りこんでしまい

結果的に7〜8回足を着いてしまった、記念すべき初峠、つくばの「不動峠」

実は今回もねー 最後の30メートルくらいで足を着いてしまったのだよ トホホ…  (┬┬_┬┬)

なぜか、頂上手前に「どうぞ」と言わんばかりの休憩スポットがあって

気づいたら足をついてました。 オーノー!! ┓( ̄∇ ̄;)┏

img_5273.jpg これは最後の30メートル、自転車を押して歩いているださい俺。(笑)

雑誌によるとこのコース。

早い人は、10分を切る人もいるらしい。

俺は、足を着いた時点で23分。(笑)

話にならねーぜー ┓( ̄∇ ̄;)┏

でもね。 前回からくらべると格段の進歩。

そして何よりも、この苦行がちょっと楽しいと感じ始めた長老です。( ̄ー ̄)v

で、もう一個ってか、同じコースに二個の峠がある、ひとつぶで二度苦しいコースを走ってきました。

img_5301.jpg img_5300.jpg で、このひとつぶで二度苦しいコースは、

高尾駅から陣馬街道を走って突入する「和田峠」とそのまま(結果的に通行止め)相模湖を経て登る「大垂水峠」。

有名な峠がダブルっす。( ̄ー ̄)v

決壊、和田峠。  今の俺にはまだ無理だった。

2回足を着きました。 (* ̄▽ ̄*) テヘヘ

img_5303.jpg 写真の相棒は、一緒にロードバイクを始めた竹の塚のマブダチ、長谷川夫妻の旦那、通称「ラーメン」です。

元不良です。(笑)

でもって今、一番仲の良い「ユカイな仲間」です。( ̄ー ̄)v

で、二度の足着きのあと、峠に登りきって、まさかの通行止め(実は去年の六月から)で引き返して、

登り口のそば屋で食べた「舞茸陣馬そば」はめっちゃ美味かった。

img_5314.jpg img_5311.jpg マジ美味しかったよ。 それはもう、悲しいほどに。 苦い経験とともに(笑)

店のおやじさんが、「あんたたち 見ない顔だねー 始めてかい?」なんて話しかけてくれて

「いやー きつい坂ですねー」って話してたら

おじさん、「いやー なんでこんな坂を自転車で走るんだかねー、私には理解できないよ。」。

で、「最近は、女の子でも平気で登って行くよー。 若い学生達なんて1日に4回登るやつもいるよー」って。

┓( ̄∇ ̄;)┏ ┓( ̄∇ ̄;)┏ ┓( ̄∇ ̄;)┏

いくら50代のビギナークライマーだとしても、泣き言を 言う前に根性見せてみーやー!!

つーことっすねー ( ̄ー ̄)v

で、まだ時間があったので、通行止めで行けなかった大垂水峠へ

スタート地点の高尾駅に戻って逆から挑戦。( ̄ー ̄)v

陣馬街道とちがって、車の往来は多いです。

だって、この道はずばり20号、甲州街道ですから。( ̄ー ̄)v

でも、都内の幹線道路を走るのとくらべたら、ずーーっと快適です。

しかも、距離は長かったけど、斜度が緩やかなのか、和田峠のようにお手上げではなく

ゆっくりながらも、ノー足着きで登れました。 \( ̄▽ ̄)/

img_5317.jpg 

しかし、どっちにせよ 峠のヒルクライムはきついねー。

死にたくなるくらいしんどいです。

でも、だんだん けっこう好きかも。 (変な日本語)

きっと、9月のレースイベントが終わっても、いろんな峠を求めて登りに行っちゃうんだろうなぁ 俺。(笑)

以上、「長老は1日に二度くたばる」でした。 チャンチャン (* ̄▽ ̄*)ノ”