2016/07/12

Japan Expo!

ただいま戻りました〜( ̄ー ̄)v

いや〜 蒸し暑さ ぱねーぜー ┓( ̄∇ ̄;)┏

LAもParisもカラッとして過ごしやすかったから、羽田に降り立ってびっくりしました。

でも、これがやっぱ日本の梅雨だよなぁ….   ディスカバー湿気。( ̄ー ̄)v

さてさて、僕は、ここ2週間の二つの旅で、色んな事を感じ、そして考えました。

なかでもみんなに伝えたい事は、僕らの仕事はとても多くの人達の努力の上になりたっているということ。

謙虚な気持ちと感謝。 あらためて そこにつきるなと。

LAのAnime Expoの「Anison world Matsuri」

大成功で無事終了して本当に良かった。

僕たちは、ブログやツイッターで、「大成功しました。」ってことを伝えて。

日本でも話題になって、みんな 「西川君もJAMProjectも、頑張って良かったですねー。」って感じで

これにて一件落着となる。

でも、僕が言いたいのは、まず一番にたたえられるべきは、パフォーマーではなく

長い時間、色んな困難を乗り越えて、たくさんのことを積み重ねてコンサートを成功に導いた

Amuse とLantisのスタッフを中心にしたチームの努力とガッツであるべきだと。

打ち上げでAmuse USAの代表のHirokoさんが 涙ながらに話されていましたが

コンサートを企画する事から始まって、最後に大きなホールをお客さんで埋めて本番を迎えるまで

すべてのことに胃が痛くなるような難題がつきまとったそうです。

それらをひとつひとつすべてクリアして、最後に俺達をステージに送り出してくれたスタッフこそが真のヒーローだと。

それをひしひしと感じるからこそのアーティストのパワーは増すんだと。

キャリア39年。 あらためて感じ入りました。

そして、先週末のParis。
俺は、計3回のステージで歌いました。

キャパも順を追って大きな場所で。( ̄ー ̄)v

まずはドラゴンボールのゲームを作っているバンダイナムコエンターテインメントのステージ。

img_9864.jpg そして、翌日のドラゴンボールのゲームの世界大会でのステージ。

img_9930.jpg で、写真ではよくわからないと思いますが

最後のコスプレサミットのフランス大会のステージ。

上の写真の数倍の。万に届きそうなオーディエンスがいました。

img_9933.jpg さすがにドラゴンボールや聖闘士星矢を世界で最初に 愛してくれた国です。

世界一と言われるJapan Expo 、規模がでかい。

でもね。 でも、今回のミッションのメインは、こっちじゃないんです。

今回のメインはこれ。

img_9934.jpg
11月に行われるJapan music partyを地元フランスのテレビ、ラジオ、雑誌、インターネット等 すべてのメディアの取材を受けて

プロモーションしてかえることです。

二日間で20社くらいのメディアにお世話になりました。

つまりぶっちゃけて言うと、僕はJapan music partyのプロモーションのためにフランスへ行き

プロモーションの合間にちょこちこっと歌って帰ったというのが本当です。

これからコンサート当日まで今年設立された「Amuse Lantis Europe」のスタッフを中心に

また新しいチームの戦いが俺達が歌うライブ当日まで続くわけです。

とまぁ、こういうことを考えると、俺達が歌うライブってのは大なり小なりすべてがそういうことだということに気づきます。

地方のスーパーのエスカレーターの前でカラオケで30分歌うライブだって

そのためにたくさんの裏方スタッフの努力のうえに初めて実現する物なのです。

だから、やっぱり俺達は限りなく謙虚でなくてはならない。

最後にちょこっと歌うだけの人は、最後にちょこっと歌ってはいけない。

がんばって段取りをつけてくれたすべての人達の想いをしっかりと背負ってちょこっと歌うべし。

以上。 ( ̄ー ̄)v

ps  たとえ湿気が高くても。 やっぱ日本は良い。 うちは良い。 ( ̄ー ̄)v